dafa888体育_dafa888备用网址-在线*娱乐场

Menu

健康管理について

健康診断について

 健康は、大学生活の出発点です。定期健康診断は、学校保健安全法で定められており、自覚症状のないうちに病気を発見し、早期治療することを目的としています。また、集団生活上も必要なものです。
 必ず、毎年春に実施する健康診断を受けてください。

注 意
1.学年別の日時?会場の通知は、新年度のガイダンス時に行なうとともに、学生支援課保健センターの掲示板及びdafa888体育_dafa888备用网址-在线*娱乐场に掲示
 (例年1月頃)されます。
2.健診の結果、再検査や確認が必要な場合は、保健センター掲示板やdafa888体育_dafa888备用网址-在线*娱乐场等で本人に連絡します。なお、緊急時は電話で連絡
   します。
3.毎年実施される定期健康診断を受けていない年度がある場合、卒業年次に就職活動等で必要となる「健康診断書」は発行されませ
   ん。
4.大学指定日に健診を受けられない場合は、事前に保健センターに申し出て相談してください。
5.保健センターへ連絡せず、大学指定日に健診を受けなかった場合は、各自、医療機関で健康診断を受け、結果を速やかに保健センタ
   ーに提出してください。この場合の費用は、自己負担となります。
6.健康診断の結果は、保健センターにおける日常的な処置や健康相談、医療機関の紹介等の基礎データとするほか、健康診断書発行の
   目的に使用し、健康情報の取り扱いには細心の注意を払い管理しています。
7.健康診断書の発行については、「証明書」に関するページを参照してください。
 
 

健康管理について

 保健センター(E館2階)では、応急処置や健康相談のほか、体内脂肪率、血圧等の健康チェックができます。
健康相談
 自分の健康について何か不安があれば、遠慮なく保健センターへお越しください。常時保健センター職員が相談を受けています。また、学校医の健康相談も実施しています。
  ●学校医の健康相談
   毎月:第2?4水曜日 14:00~15:00(長期休暇期間を除く)
   校医:医師 奥野 一嘉
   場所:保健センター(E館2階)
応急処置  校内で突発的な病気、けがをした場合の応急の手当を行います。状況に応じて、救急車等の手配を行ないます。
遠隔地被保険者証  この保険証は、父母の勤務先または市町村役場に所定の申請書と本学発行の「在学証明書」を提出すると交付されます。親元から離れて住んでいる学生が、病気などで医療機関にかかるときに必要ですので、いざというときのために、必ず準備してください。

傷害を負ったとき

学生教育研究災害傷害保険
 全学生が加入している保険です。正課授業?学校行事中の事故、学校施設内での事故、学校施設外でも事前に大学へ届け出ている課外活動中の事故で傷害を負った場合(通学中の事故等は対象になりません)は、速やかに学生支援課へ申し出てください。但し活動範囲により、保険対象とならないこともあります。詳細については、「学生教育研究災害傷害保険のしおり」(新入生ガイダンス時に配布)を参照してください。

受動喫煙を防ごう!

 タバコを吸うと「煙」が出ます。この「煙」が問題なのです。タバコを吸う人は「自分のお金でタバコを買って、吸いたいから吸っているだけ。法律をおかしているわけじゃないし、誰にも迷惑をかけていない。」と思っているかもしれません。でも、ほんとうに「誰にも迷惑をかけていない」でしょうか?
 このタバコの「煙」は、約250種類の有害物質が含まれ、大変有毒なため、吸っている本人だけでなく、周りの人にも迷惑をかけてしまうのです。
 喫煙者が吸っているタバコから立ちのぼる煙を「副流煙」と言います。そして、喫煙者が吐き出す煙を「呼出煙」と言います。これらの「煙」が、自分以外の人の健康をおかしているのです。
 自分の意思に関係なく、これらのタバコの「煙」を吸わされることを「受動喫煙」といいます。
 喫煙が、がん?循環器疾患?呼吸器疾患?消化器疾患?その他の健康障害の原因になっていることは、近年の国内外の多くの疫学的研究や実験的研究により、わかっていますが、「受動喫煙」でも、喫煙者と同じ疾患にかかる危険があるのです。そのため、受動喫煙防止を定めた法律「健康増進法」があり、この中の第25条では、受動喫煙防止について説明されています。
 喫煙者は、今こそ「禁煙」しましょう。吸わない人は「きれいな肺」を大切にして下さい。

エイズ等の感染症

 エイズの感染症について、正しい知識を持つことが大切です。どんなことで感染するの?予防法は?感染するとどのようになるの?検査はどこで受けられるの?など、エイズに関するパンフレットは、保健センターにもありますので、是非ご覧ください。
 また、昨今、様々なウィルス等による感染症が発症しています。身近なところでは、麻疹や新型インフルエンザも一例です。予防することが一番ですが、万が一学校保健安全法で定められているような感染のおそれがある病気と診断された場合は、登校せず、電話で保健センターに連絡してください。
 
※学校保健安全法で定められている主な感染症の例
  • インフルエンザ          
  • 百日咳         
  • 麻しん(はしか)
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)   
  • 風しん(三日ばしか)  
  • 水痘(みずぼうそう)
  • 咽頭結膜熱            
  • 結核
 など

お問い合わせ

Contact us

お問い合わせ先

dafa888体育_dafa888备用网址-在线*娱乐场 保健センター

電話番号:
直通電話:011-375-8501/代表電話:011-386-8111